第13回 有志教員によるTOK定例学習会のお知らせ
   発起人:小澤大心 
所属:Aoba Japan International School
                        協賛:立命館アジア太平洋大学(APU)
関係者各位

「有志教員によるTOK定例学習会」では、月1回程度の学習会を開いた上で、
参加者同士の授業実践・教材研究を共有する場をつくることを目的としております。

TOK(Theory of Knowledge:知の理論)は、IB(国際バカロレア)のディプロマ プログラム
において中核となる学習の一つで、Critical Thinking(批判的思考)を体系的に培う学習とし
て広く注目されています。

グループウェアのサイボウズLiveを議論のプラットフォームとして活用した上で、
皆様と共に協働的な学びの場を生成していきたいと考えておりますので、
ぜひご関心のある方は奮って参加いただければ幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1 題 目 第13回 有志教員によるTOK定例学習会 「教科横断的な学びの提案」

2 日 時 平成 30 年 7月 31日(火) 9:40 受付開始(10:00~17:00)

3 申 込 こちらより申込ください→https://goo.gl/BJqAsd
     70名(参加費無料)

4 場 所 立命館東京キャンパス サピアタワー8F *要受付(3階)
     (〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目7−12 
       JR 東京駅日本橋出口より直結 徒歩約1分)
     協賛:立命館アジア太平洋大学(APU)、株式会社ネリーズ、ESN英語教育総合研究会
     後援:アオバジャパン・インターナショナルスクール、
        

5 詳 細 10:00 ~ 10:30「挨拶・自己紹介セッション」
    10:40 ~ 11:30 佐野 寛子 氏(東京都立国際高等学校)
「自然と人間」(国語×理科)
     13:00 ~ 13:50 福島 浩介 氏(英数学館高等学校)
           「TOK的思考の基礎について」
14:00 ~ 14:50 田中 理紗 氏(かえつ有明中学校・高等学校)
「文化相対主義から考える」(社会×英語)
     15:10 ~ 16:00 宅明 健太 氏(佐久穂町イエナプランスクール設立準備財団)
     「不変性と再現可能性」(理科×技術家庭)
     16:10 ~ 17:00 武藤 哲司 氏(ぐんま国際アカデミー中高等部)
        「バイオテクノロジーとコミュニティ」(理科×社会)

     *各セッションのコメンテーター
      ― 井上 志音 氏 灘高等学校
      ― 小澤 大心   Aoba Japan International School

 *当日のセッション内容に関しましては、多少の変更が生じることもございますので、
  予めご了承ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当日は、サイボウズLiveを活用しますので、下記のグループに事前登録ください。

「サイボウズLive:TOK教育実践フォーラム」
https://cybozulive.com/joinRequest?key=XdonyXPwOm

※本学習会は国際バカロレア(=IBO)公認のセミナーではございません。
ご案内文_第13回TOK定例学習会

広告